Yahoo!天気情報
       
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 早稲田マンションのエントランス | main | ネギが太って成長 >>
手元の肥料一覧
春になると庭仕事だけで30分以上かかってしまいます。
蚊が大量発生する6月ごろまでが手入れの勝負です!

庭道具の整理をしていたら古い肥料も見つかり、覚書でメモしたいと思います。

バラの肥料
上はジョイフル本田で購入したバラの肥料
(税抜き170円/正味重量175g/旭化成)です。
今年初めて使います。
土に混ぜ込む元肥、追肥の両方で使えます。
180日間持続し、春と秋の2回の施肥です。
バラ(1〜2)の植えこみ時、1屬療擇1袋です。


パンジー・ビオラの肥料
上もジョイフル本田で購入したパンジーの肥料
(税抜き475円/正味重量500g/旭化成ケミカル)です。
昨年から使っていますが、その苗は、花も咲かせるし、
病気にもなりにくかったと記憶しています。
重宝しています。
土に混ぜ込む元肥、追肥の両方で使えます。
180日間持続します。
花の植えこみ時は、3.3屬療擇1袋、
鉢植えの場合は、65僂離廛薀鵐拭爾50gが適量です。



ブルーベリーの肥料
上もジョイフル本田で購入したブルーベリーの肥料(
198円/正味重量250g/日本バイオ肥料)です。
100%有機肥料、とうもろこし生まれの植物系肥料、
ブルベリーに最適のPH4.4、水溶性の栄養分で速く効くというものです。
元肥として、1株につき60gちょっと、
さらに2ヶ月後追肥として同じ量を与えます。
実質2株分の肥料です。



アジサイの肥料
昔に購入したもので、かれこれ10年経過しているかもしれません。
アジサイは、土壌によって色が変わるので、
この肥料だけで頑張っても難しいことがあるかもしれません。

追肥の時期は、寒肥(1 or 2月) 追肥(4月初旬と5月下旬) 
花肥(7月初旬と8月下旬) 寒肥(12月初旬)
計量のめやすは、7号鉢(21センチ)20g 地植え 1 60gです。



シャボテンの肥料
これもかれこれ10年以上経過しているものです。
当時の記憶はないので、使った感想は後日追記できたらと思います。



油かす
これも10年年前に使っている油かすです。
醗酵油かすの中玉です。
ちょっと臭います、いや・・・ちょっとどころではありませんね(^^;;
花つきや実つきをよくする骨粉、
アミノ酸の働きで花色をよくする魚の粉←うちの猫も反応してました。
根はりをよくし耐寒性を高める天然カリ
特殊発酵菌入りです。
効きめは、施肥して15〜30日。
5号鉢(直径15僉砲6〜8粒、プランター(65僉18〜20粒
元肥料にするときは、根に触れないように土に埋め下記のように、
5号鉢2〜3粒、プランターで8〜10粒。
庭植えの低木に対しては、100gを4か所に分けて埋め、
高木に対しては、200gを4か所に分けて植えます。

窒素(N)4
リン酸(P)6
カリ(K)2

うちでは主に今のところホスタに与えています。


挿し木用
新しいものを購入しましたが、古いものも出てきました。
今年、いろいろ挿し木したいと思っていますので、使ったら追記できたらと思います。


ほかにも、芝用、クレマチス用などあるので、あとで他のも一緒に詳しく追記していけたらと思います。

関連(内部)記事:堆肥&肥料
2009.03.28  堆肥をかき混ぜる2009.03.28  クレマチス専門店春日井園芸センターのクレマチス専用肥料
2009.03.28  芝に肥料をまく
2009.03.24  ねぎを収穫する
2009.01.25  堆肥を作る
2008.05.24  オカメツタに肥料を与える


JUGEMテーマ:園芸


| 土 & 肥料&水 | Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://93-87.jugem.jp/trackback/504
トラックバック